目の下のたるみを治療する効果|アンチエイジングに繋がります

女性

手術の種類とその特徴

整形

手術の種類

美容整形をすれば、生まれつきの一重瞼を二重瞼にできます。二重瞼の美容整形には、切開をする全切開法と切開しないプチ整形があります。瞼を切開するのが全切開法です。全切開法はメスを使用する本格的な美容整形になります。幅広のくっきりした二重になれて、効果は半永久的に続きます。瞼の脂肪が多い人でも、切開法なら脂肪を取れるのですっきりします。プチ整形では埋没法やクイック法などがあります。どちらも切開しないプチ整形なので気軽にできます。切開する切開法よりもダウンタイムが短くなります。また、手術費用は切開法の3分の1以下です。埋没法やクイック法は、お手頃な費用で、かつメスを使用しないで出来るという気軽さから人気があります。

埋没法で使う糸

プチ整形の埋没法やクイック法は、局所麻酔をして10分〜20分くらいで終わる簡単な手術です。まぶたの中にある筋肉部分に、髪の毛よりも細い医療用の糸を埋めて、まぶたを開いたときに二重のラインが出来るようにします。手術で使用する糸は、透明な糸や色付きの色があります。透明な糸だと見た目でまったくわからないというメリットがあります。しかし、もしも後で再手術を希望した時に、糸が取りにくいというデメリットがあります。色付きの糸のほうが再手術しやすいので、あえて色つきの糸で埋没法をしているクリニックもあるようです。色がついているといっても、糸はまぶたの中に入っている状態で見た目ではほとんど分からないので安心です。